【HSP社畜男子】HSP社畜男子が10分で社畜を抜け出すワザ5選!

ライフプラン
この記事は約10分で読めます。

男子(男性)が人生の中でやるべきことの1つに「ビジネス」があります。

男性は子どもを産むわけではありませんし、食事さえできれば生きられます。

しかし、人生を潤すために「女性との縁」を気にしたり「ビジネスで成功したい」と考える人も多いのではないでしょうか。

現在の仕事で「社畜」と呼ばれそうなほど疲弊し、生きるのに必死ならなおさらです。

この記事は、以下の人に向けて書かれています。

  • 毎日の疲れと戦っている男子(男性)
  • 女性との縁を作る時間がなくて困っている男子(男性)
  • ビジネスで成功したいが行動できない男子(男性)
  • 努力しているのに成果が出せない男子(男性)

生活の余裕は「心の余裕」に繋がります。

かつてあなたが思い描いた理想の男性のように、時間にも心にも余裕ある男子(男性)になりたいですよね!

社畜男子の「仕事」と「ビジネス」を思考する

社畜男子のビジネスイメージ画像
画像:photoAC

社畜を抜け出すために必要なのは「人とのつながり」です。

「人とのつながり」が苦手な人は、以下の特徴があります。

  • ビジネスで成功できない
  • 仕事で成果が出せない

自分を悪く考えるばかりで、何をすればよいのかわからなくなっているかもしれませんね。

「仕事」と「ビジネス」の違いすら気づいていないのではないでしょうか?

ネット辞書で調べてみると、以下のように記載されているため誤解している人もいるでしょう。

仕事とは

1.何かを作り出す、または、成し遂げるための行動。

2.生計を立てる手段として従事する事柄。職業

引用元:goo辞書
ビジネスとは

1.仕事。職業。また、事業。商売。

2.個人的な感情を交えずに利益の追求のみを目的として進める仕事。

引用元:goo辞書

辞書で調べると「仕事」と「ビジネス」は同じような意味で用いられています。

しかし、本来のビジネスは以下の通りです。

ビジネスとは営利や非営利を問わず、また組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の総体をいう。

引用元:Wikipedia

ビジネスとは「営利や非営利を問わず」に事業目的を実現するための活動のことです。

そもそも英語で述べる「Business(ビジネス)」は、1つの日本語で表現するのが難しい用語です。

なにも「お金稼ぎ」だけがビジネスではありません。

男子(男性)に必要なのは、「目的を実現するための活動」という意味でのビジネスなんです!

つまり「お金のために働く=仕事」なので、心の余裕を作るために「目的を達する=ビジネス」をする必要があります。

忙しすぎて「お金のための仕事」ばかりをしていませんか?

社畜男子は抜け出せない

毎日が忙しすぎるのが社畜男子というものです。

仕事に追われるばかりで、旅行や休みをとる考えすら忘れてしまうほどです。

一般的な社畜男子の日常を挙げると、以下のような生活をしているのではないでしょうか?

  • 朝:6時には出社(もしくは労働開始)
  • 昼:2時ごろに軽食(コンビニ弁当)
  • 夜:カップラーメンを食べながら仕事(食べないときもある)
  • 晩:自分で作った適当なご飯を食べて仕事
  • 深夜:仕事のまとめ、次の日の準備
  • 早朝:朝3時ごろに就寝

労働基準法なんて、あって無いようなものですよね。

フリーランスの中にも、生活(お金)のために必死に活動している人がいます。

上記の例は、筆者が雇われ労働していたときの実例なので、同じような人もいるはずなんです。

例のような生活をしていると「自分のための時間を作ることを諦める」ことになります。

たちの悪いことに、以下のように考えている傾向がありますよね。

  • 仕事をしなければ生きていけない
  • 今の仕事は好きだから・・
  • どうせやること無いし仕事でも・・
  • 彼女もいないし連絡する相手もいない
  • テレビやゲームもつまらない

不思議なことに、学校の勉強が得意だった人ほど陥る現象です。

つまり、あなたは「真面目」なんですよ。

HSP社畜男子は自分に気づいていない!?

「自分」画像
画像:photoAC

HSPという言葉を知っているでしょうか。

HSPとは

HSPとは、生まれつき「非常に感受性が強く敏感な気質をもった人」のことです。

「Highly Sensitive Person(ハイリー・センシティブ・パーソン)」の頭文字をとったもの。

自分がHSPなのか知りたい方は、以下のセルフチェックをしてみましょう。

無料でできるので、自分を知るためのきっかけになりますよ!

【HSP診断】簡単セルフチェックで自分の敏感度を知ろう。|ディスカヴァー・トゥエンティワン
10個の質問に答えるだけで自分のHSPの度合いを診断できます。HSPは病気ではなく、愛すべき「能力」。自分の状態を知り、あなたの敏感さを強く大きな能力に変えていきましょう。

HSPの特徴

HSPは以下の特徴をもつといわれています。

  • 環境の小さな変化に気づきやすい
  • 初めての場面で緊張しやすい
  • 感情の揺れ幅が大きい
  • 抑うつ症状強迫症状など

つまりHSPの傾向がある人は、生きづらさを抱えがちだと述べています。

実際、社畜傾向がある男子は「仕事を断れない」「揉めるのが嫌」「上司の言うことを聞いていれば平和」という考えが社畜になったきっかけではありませんか?

他人との揉め事だけでなく、多くのことに敏感になるが故に「仕事をやってれば大丈夫」と考えるようになった人もいるはずです。

だからこそ「自分の感情を無くす」という手段を覚えたのではないでしょうか?

考える癖を辞め、何も考えずに仕事に向かう自分になったかもしれませんね。

ある意味では、それを「成長」と呼びます。

しかし、長い人生の中で「今のままではダメだ」と感じているからこそ、この記事を読んでくださっていますよね。

あなたの心は「社畜から抜け出したい」「自分の本心に従いたい」と感じているに違い有りません。

関西大学リポジトリには「高敏感性は治すものではなく、むしろ伸ばすものである」とも記載されています。

だから、あなたはもっと自分の自由に生きてもいいんです。

HSPを感じつつも、一生懸命に生きている女性もいます。

女性の考えていることや、感受性を知ってみたい方はおすすめの記事ですよ!

HSPは受付の仕事に向いている?元歯科受付がメリットとデメリットを解説 | ハルログ
HSPに向いている仕事は何だろう?と考えたことはありませんか? かくいう私もHSP気質。 過去にアパレルから事務職など、転職も4回繰り返しています…。 その中で最も長く続いたのが『歯科受付』のお仕事です。 個人クリニックで、受付と助手業務を

仮にあなたがHSPではないとしても、忘れてはいけない事実があります。

統計的に人口の15%〜20%。
5人に1人はHSPの性質が当てはまる。
参考:HSP(Highly Sensitive Person)ハイリー・センシティブ・パーソン

さらに、メンタルヘルス対策に取り組んでいる事業所割合を見てみましょう。

画像:厚生労働省・平成30年「労働安全衛生調査(実態調査)の概要

実は社畜男子だけでなく、精神的に苦痛を感じている人が多いのが伺えます。

男女問わず、多くの人が精神的に苦痛を感じているに違いないのです。

もちろん「働き方改革」が問われ、少しずつ改善傾向があります。

しかし、自分を「社畜」と感じる人が多いのも事実でしょう。

まだまだ働き方改革は、世の中に浸透しているとはいえないのです。

HSP社畜男子が社畜から抜け出すワザ5選!

ワザ・変身画像
画像:photoAC

社畜を抜け出すには「10分」を作り出す必要があります。

お風呂に入っている時間や、トイレの時間などでも大丈夫です。

HSPの人は「頭を使って考える傾向」があります。

持ち前の感受性と思考力で、社畜から抜け出して理想の自分を手に入れてみてください!

社畜から抜け出すワザ5選は、以下のものです。

  • 圧倒的能力をブログで公開
  • 誰も気づかない世の中への疑問を追求する
  • 店にある商品が「なぜ売れるか」を研究する
  • あなたの商品を作り出す
  • ブログであなたの商品を販売する

令和は「個人の能力が問われる時代」でもあります。

ブログを書く力がなかったとしたら、このブログ(SODACHIYA)を運営するsorato24にご一報ください。※記事の最下部からTwitterでDM(ダイレクトメッセージ)が送れます。

文章を書く力がなければ、書ける人に依頼すればいいんです。

さて、社畜から抜け出すワザ5選を解説していきましょう。

HSP社畜男子は「圧倒的能力をブログで公開」

HSPの人は感受性が強いため、他者とコミュニケーションをとるのが怖いかもしれません。

しかし、考える能力が人一倍優れているため、疑問や発見を繰り返しています。

世の中の人が見るブログなら、あなたの考えを認めてくれる人とも出会える可能性が高まります。

自分でブログを書くにはWEBライティングの力が必要です。

WEBライティングの能力を身につけるには、時間を要するのは言うまでもないでしょう。

社畜と呼ばれるほど働いているのに、さらに労働を加える必要はありません。

だからこそ以下の内容が存在しています。

HSP社畜男子は「誰も気づかない世の中への疑問」を追求する

ニュースや雑誌、その他の情報を手に入れたとき、あなたは疑問を感じているはずです。

例えば「働き方改革ってほんとに進んでる?」「男女差別って今は男子のほうが差別されてない?」「モテる男子には特徴があるような・・」など、一般的に考えられるような疑問もあるはずです。

モテるメンズの特徴を述べられるなら、以下のような記事が書けるようになりますよ!

もしくは、筆者が考えられないだけで、あなたには独自の疑問があるかもしれません。

それらの疑問をメモやデータに記録しておきましょう。

書き連ねた疑問は、後に述べる「自分の商品」に活かすための材料です。

HSP社畜男子は「店にある商品がなぜ売れるか」を研究する

HSPだろうが社畜だろうが、お店に行かない人はいないでしょう。

食べ物を手に入れたり、衣服を購入したりしています。

店に並んでいる商品が、なぜ売れるかを自分なりに研究してみてください。

独自の販売ルートを作るきっかけになったり、販売が苦手な企業へのアプローチのきっかけになります。

マーケティングには「BtoB」や「BtoC」という考え方がありますが、「CtoB」や「CtoC」を実践しても良いのです。

マーケティング用語がわからない方はコチラの記事を参考にしましょう。

BtoBとBtoCの違いとは?それぞれどんな企業があてはまる? | dodaキャンパス
ビジネス現場では日々当たり前のように使われる「BtoB」「BtoC」といったキーワード。これらは就職活動の中でもよく話題になりますし、応募企業や最終的な就職先を決める上でも重要になる部分ですので、就活生でも理解をしておく必要があります。 今回はわかっているようでいまいちピンとこない「BtoB」「BtoC」を詳しく説...

HSP社畜男子は「あなたの商品」を作り出す

あなたが考えた「疑問」や「販売ルート」を形にしていきましょう。

時間がない社畜男子でもできるように、ブログで情報公開することを考えます。

「あなたの商品」とは、つまり「情報」です。

思考力や感受性を活かし、あなたが情報を発信する側に回るのです。

もちろん単にブログを書いているだけでは、生活できるようにはなりません。

そのために「ビジネス」を検討します。

ビジネスとは、お金稼ぎではなく「目的を達するための活動」でしたよね。

あなたの目的を考え、情報として「商品」にします。

もし商品を構築する術がわからなければ、筆者がご相談にのりますのでDMください。

もちろん相談は無料です!

【sorato24Twitterプロフィール】

HSP社畜男子は「ブログであなたの商品」を販売する

あなたの「商品(何を伝えたいか)」が決まり、ブログなどで情報を発信しようと考えたとします。

しかし、あなたには時間がありませんよね。

自分で努力するのも良いですが、たった10分で完結する手段があるんです。

それが「依頼する」という考え方です。

クラウドソーシングサイトを利用すれば、個人でも有能なライターやデザイナーに仕事を依頼することができます。

あなたがやるべきは、上記で考えた「思考」をメッセージで伝えるだけです。

急いで返信する必要もなく、自分の都合が良い時間帯にメッセージしましょう。

有能なライターやデザイナーは、あなたの思考や感受性を汲み取り「形」にするプロたちです。(中には雑な素人も混じっているのでご注意ください)

よければ筆者に依頼いただければ、他のプロWEBライターさんより安価でお受けいたします。

ブログ記事大量受注できます
ランサーズで見積もり・カスタマイズの相談を承ります

クラウドソーシングサイトは、誰でも簡単に利用できます。

多くの記事を書いてほしい場合、依頼料が高くなることがありますよね。

まとめて発注すれば、安価に依頼できることもありますので、参考にしてください。

女性ライターに記事を依頼したい方は、上記で記事を紹介したおはるさんに依頼することも可能です。

おはるさんに記事を依頼したい方はコチラ。

おはる/ライターさん(ライター)に依頼・外注する | 簡単ネット発注なら【クラウドワークス】
日本最大級のクラウドソーシング「クラウドワークス」にご登録いただいているおはる/ライターさんのプロフィールです。ライターのスキルを持つプロフェッショナルに1時間から仕事を気軽に発注!発注者は手数料無料。

HSP社畜男子は「依頼」で自分の未来を作り出そう!

この記事を読んでみて「お金がかかるのが嫌」と感じる人もいるかもしれません。

あなたには2つの選択肢があります。

  • 自分で努力して社畜を抜け出す(無料)
  • 他人に依頼して社畜を抜け出す(有料)

多くの人は「無料」を選択するのではないでしょうか。

いえ、今まで無料でどうにかしようとした結果が、社畜という状態です。

今までの自分を悔いる前に、誰かの力を頼ってみるのも良いのではないでしょうか。

ネット社会になった令和も、やはり大切なのは「人と人とのつながり」なんです。

あなたが社畜を抜け出し、理想の自分を手に入れられることを祈っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました