【働く女性の気持ち】CADオペレターとして働く女性へアプローチ方法5選!

学び
この記事は約7分で読めます。

CADオペレーターは、建築業界やインテリア業界など、さまざまな業界で必要とされる職種の1つです。

男性が多いと思われがちですが、女性も多く活躍しているという特徴があります。

筆者がCADオペレーターとして働いていた時の経験を持つ筆者が、働く女性の目線から男性に求めていることについて簡単に解説していきます。

【1. CADオペレーターとは】

画像:photoAC

CADとは、「Computer Aided Design」の頭文字を取った略語で、「コンピューター支援設計」と呼ばれるツールのことです。

CADオペレーターとは、「CADを操作して設計士や設計技術者の考えやイメージを具現化して作図する人」をいいます。

しかし、設計士からの指示通りに、ただ作図するだけがCADオペレーターの仕事ではありません。

対象物が完成するまで、何度も修正作業が必要とされますし、相手の意図を読み取り、それを正確に図面に落としていかなくてはなりません。

相手の意図を正確に読み取るためには、CADの技術のみではなく、業界の専門知識や独自の表現を身につける必要があります。

【2. CADオペレーターとして働く女性の気持ち】

画像:photoAC

CADオペーレーターとして働く女性がの気持ちを紹介します。

この記事で紹介できるのは、一例に過ぎないかもしれません。しかし、男性が女性の気持ちを知るためのきっかけになるはずですよ!

ぜひ参考にしてくださいね。

2-1. 女性がCADオペレーターとして働く魅力

CADオペレーターは、自分が製図に携わった製品や建物などを実際に見ることで、仕事の結果を直接感じることができます。

筆者は2次元CADを使って作業をおこなっていたこともあり、大抵の場合、どんな物でも平面的に見ていました。

しかし、平面として見ていた物の実物を最初に見た時、とても感動したことを覚えています。

また、ある程度の経験やスキル、作業可能なパソコンとネット環境さえあれば在宅で仕事ができるので、自分のライフプランに合わせて雇用形態を選択したり、働く時間の調整したりと、働き方の自由度に魅力を感じている人も多いのではないでしょうか。

2-2. CADオペレーターの良い面と悪い面

筆者は、CADオペレーターという仕事が好きでした。

細かな作業が多く、集中して仕事をおこなうことで体に負担がかかったり、繁忙期の時は時間やプレッシャーに追われてまともに休憩がとれなかったりと、マイナス面があることも事実です。

しかし、技術のスピードやクオリティーが徐々に上がっていることを実感したり、プロジェクト完了の達成感を味わえたりと、喜びを感じる場面は多くありました。

コンスタントに味わえる達成感は、自分のモチベーションを上げることになり、結果的に次の仕事の活力にも繋がっていったのです。

【3. CADオペレーターとして働く女性にアプローチしたいなら】

画像:photoAC

もし、あなたに気になる女性のCADオペレーターがいるとしましょう。

どのようなアプローチをしたら相手が振り向いてくれるのか、方法は次の5つです。

「1. 最低限の身だしなみを整えよう」
「2. 分け隔てなく周囲の人間に優しくしよう」
「3. 適切な距離感をとろう」
「4. 依頼は丁寧にしよう」
「5. 相手をよく観察しよう」

順を追って理由を解説していきますね。

「1. 最低限の身だしなみを整えよう」

最低限の身だしなみって何?と思われた方も多いのではないでしょうか?

それはずばり「清潔感」です。

清潔感を意識して、服装や髪型を整えることが大事です。

髪型やひげ、鼻毛など、必要以上にある毛を処理するだけでも清潔感がグッと増しますよ。

「2. 分け隔てなく周囲の人間に接しよう」

女性は同じコミュニティの中の評価を気にします。

それは良い評価も悪い評価もどちらにも言えます。

例えば、他人がいる前であなたが気になる女性を褒めたとします。

もし、彼女と同じ仕事をしている他の女性がそれを聞いたらどう思うでしょうか?

「あの人ばかり褒められてずるい」となりかねませんよね。

そうすると、あなたは彼女を褒めたつもりでも、結果的に女性の評価が下がってしまうかもしれません。

特別扱いしたい場合は、2人きりの時にしましょう。

「3. 適切な距離感をとろう」

気になる相手との距離を少しでも縮めたい、そう思う気持ちもわかります。

しかし、その思いが行動にあらわれては危険です。

その理由は、好意がない相手からのアピールは逆効果だからです。

そして必要以上に距離を縮めるということは、相手から不信感を抱かれるだけではなく、周囲の見方も変わる可能性があります。

「追いかけると逃げる、逃げると追いたくなる」

これを念頭に置いて、適切な距離感を保つようにしましょう。

「4. 依頼は丁寧にしよう」

あなたがCADオペレーターの女性に依頼をする立場という前提ですが、依頼はできるだけ丁寧にしましょう。

これは筆者の経験談でもありますが、丁寧な依頼をする人は、仕事が丁寧にできる人=尊敬できる人と認識します。

反対に依頼の仕方が適当で何をしてほしいか分からない人は、仕事を適当にする人=一緒に仕事したくない人と認識します。

丁寧に依頼するのが難しいと思うなら、相手からされる質問に全て誠心誠意答えることを心がけてください。

「5. 相手をよく観察しよう」

あなたにも理想の女性像があるように、気になる女性にも理想像はあるはずです。

たくさん話をして、彼女が何を考えていて何を求めているのかを観察し、そのための努力をするようにしてください。

共通の話ができると、相手との会話をより豊かにできます。

よく観察して、相手と共感できる話題をたくさん作りましょう!

【4. 交際後の男性に望むこと】

画像:photoAC

アプローチがうまくいき付き合えた場合、女性は以下のようなことを考えています。

「女性が男性に望むこと」という内容ですので、ぜひ知っておいてください。

4-1. 交際を長続きさせるためのコツとは?

ここまで気になる女性へのアプローチ方法について書きましたが、その後に付き合ったり結婚する人もいるでしょう。

働く女性の目線から、付き合った後の男性へ望むことを2つ、お伝えします。

  • 思いやりを持って接する
  • 前向きな話をする

最近は共働きが当たり前となってきています。

仕事で疲れているのは、男性も女性も同じです。

「ありがとう」や「あなたのおかげ」という気持ちをお互いが持ち、それを言葉にするだけで、相手から自分の価値を認められた気分になります。

4-2. 他人同士だからこそ意見の擦り合わせが必要

他人同士が上手に過ごすにはバランスが大事です。

そのためには、前向きになれるような話をたくさんしましょう。

相手は何を求めているのか、逆に自分は相手に何を求めているのか、その擦り合わせがより良い関係性を構築していくための近道といえます。

「察してほしい」
「相手はこう思っているはずだ」
「相手が悪いんだ」

そう思うときは自分のことばかりを考えて、視野が狭くなっている可能性があります。

トラブルが起きたときや、相手に対して不満がたまったときは、一度立ち止まり、なぜそう思うのか自分に問いかけてみてください。

【5.まとめ】

ここでは、CADオペレーターとはどんな仕事か?CADオペレーターとして働く女性へのアプローチ方法についてお話してきました。

結論としましては、

「1. 最低限の身だしなみを整えよう」
「2. 分け隔てなく周囲の人間に優しくしよう」
「3. 適切な距離感をとろう」
「4. 依頼は丁寧にしよう」
「5. 相手をよく観察しよう」

この5つをもって、自分の魅力アップと市場価値を上げつつ、相手の好みに近づくことをお伝えしました。

そして、より良い関係性を築くために

・思いやりを持って接する
・前向きに話をする

お互いの関係性をバランスよく保つことが大事です。

相手に求めるだけではなく、自分も何かを与え、尊敬される人になりたいものですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました